メルクセローノは9月24日、有望な抗悪性腫瘍薬の創出を目指した研究開発を行うためのパートナーシップ契約を国立がん研究センターと締結したと発表した。

 同契約は2013年8月1日付で締結したもの。特にアジアで罹患率の高い腫瘍疾患(胃癌、食道癌、胆道癌、肝細胞癌など)への有望な抗悪性腫瘍薬の創出を目指している。トランスレーショナル・リサーチを含む基礎研究、フェーズ1試験を含む早期開発、アジア共同試験、後期開発など、シーズ創出から実用化に至る研究開発のさまざまな場面において緊密な提携を行うとしている。

 国立がん研究センター早期・探索臨床研究センター長の大津敦氏は、「対象の4つの癌に対しては、日本から多くの質の高い基礎研究成果が出されていたが、外資系企業の臨床開発への投資が少なく十分な開発が進まなかった。本契約により、これらの癌での新薬開発が促進され、日本を含むアジア地域のがん治療成績向上に寄与することが期待される」と語っている。