エーザイは1月11日、葉酸受容体αに対するヒト化モノクローナル抗体製剤farletuzumabMORAb-003)のプラチナ製剤感受性の初回再発卵巣癌を対象とした国際共同フェーズ3試験(FAR131、MORAb-003-004試験)で、主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)の有意な延長が認められなかったと発表した。

 FAR131試験は、プラチナ製剤感受性の初回再発卵巣癌患者1100人を対象に、標準療法であるカルボプラチン、タキサン系薬剤に加えて、farletuzumab 1.25 mg/kg、2.5 mg/kg、またはプラセボを併用投与する、多施設共同、無作為化、二重盲検、プラセボ対照、並行群間比較試験として実施された。

 主要評価項目のPFSについて、事前に定義した統計学的有意差の基準に到達しなかった。しかし、探索的な解析で、一部のサブグループでPFSの延長が認められており、今後さらに詳細な解析を実施するとしている。

 エーザイは、FAR131試験の結果について精査した後、外部専門家、規制当局と協議の上、申請時期を含めた今後の開発方針を決定するとしている。