大鵬薬品工業は、11月30日、5HT3受容体拮抗型制吐剤パロノセトロンの点滴静注バッグ(商品名:アロキシ点滴静注バッグ0.75mg)が11月30日付けで薬価収載されたと発表した。発売は12月5日を予定している。効果・効能は、「抗悪性腫瘍剤投与に伴う、悪心嘔吐などの消化器症状」。

 薬価は1万4632円。用法・用量は、成人にはパロノセトロンとして0.75mgを1日1回静注または点滴静注する。

 パロノセトロンは、すでに2010年にバイアル製剤(商品名:アロキシ静注0.75mg)の承認を取得しており、今回は剤形追加となる。50mLの薬液を100mLのソフトバッグに封入したもので、従来品と比べ、薬剤調製にかかる時間の短縮、異物混入や細菌汚染リスクの低減、医療廃棄物の削減などが期待される。ポートは赤橙色にし、バックに薬剤名を記載することで識別性を高め、薬剤の取り違え防止に配慮した。