メディネットは、11月12日、細胞障害能を有するナチュラルキラー細胞(NK細胞)を利用した新しい癌免疫細胞治療技術の提供を開始したと発表した。瀬田クリニックグループは、この技術の提供を受け、NK細胞療法の提供を開始したほか、メディネットは医療法人社団滉志会とこの技術の導出に関して合意した。

 NK細胞は自然免疫に関与するリンパ球で、癌細胞やウイルス感染細胞など異常となった細胞に対して細胞障害能を有する。今回、NK細胞を体外で増殖・活性化させ、再び体内に戻す技術を確立した。