NCI Cancer Bulletin2012年10月30日号をお届けします。

■特集記事
「非血縁者間の幹細胞移植における幹細胞源に警告」

■癌研究ハイライト
・末期癌患者は化学療法に対し過度に期待をしている
・イマチニブは難治性リンパ腫の治療に有用な可能性
・早期肺癌の有力なバイオマーカーを同定
・マウスにおいて、癌ワクチンと低用量抗血管新生剤との併用療法が乳癌治療に有望

■クローズアップ
「癌における遺伝子の複雑性と環境への取り組み」

詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT for Cancer)」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。