NCI Cancer Bulletin2012年6月12日号をお届けします。

■特集記事
「小児期CTスキャンによるわずかな癌リスク上昇が研究で明らかに」


■癌研究ハイライト
・新たな薬剤トラスツズマブ・エムタンシンが一部の乳癌治療の選択肢に(ASCO)
・術前化学療法と放射線療法が食道癌の生存率を改善
・一部の皮膚癌で分子標的薬ビスモデギブが有効
・研究から示唆されるリンパ腫治療の新たな選択肢(ASCO)
・末梢神経障害を伴う癌患者に有効な初の治療薬(ASCO)
・その他のニュース:小児への放射線照射は低線量でも乳癌のリスクを高める可能性(ASCO)(囲み記事)
・その他のジャーナル記事:世界的癌負担の変化予測(囲み記事)

■特別リポート
「肺癌などにおける免疫療法の可能性:拡大する適応領域」

■FDA情報
「転移性乳癌の治療薬としてFDAがペルツズマブを承認」

詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT for Cancer)」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。