NCI Cancer Bulletin2012年5月29日号をお届けします。

■特集記事
「S状結腸鏡検査が大腸癌検診に有効」

■癌研究ハイライト
・CTスキャンによる肺癌検診の有益性と有害性を専門家委員会が検討
・肺癌薬は数種の小児癌に有望
・化学療法後の「突出性」悪心嘔吐を統合失調症治療薬でコントロール
・分子標的役が進行固形癌と脳転移に有望
・その他のジャーナル記事:高齢の体重過多の癌サバイバーの減量と食事の改善を支援するプログラム(囲み記事)
・その他のジャーナル記事:コーヒー摂取が死亡リスク低下に関連する(囲み記事)

■特別リポート
「米国予防医療作業部会がPSA検診反対を勧告」

詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT for Cancer)」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。