NCI Cancer Bulletin2012年3月20日号をお届けします。

■特集記事
「主要医療団体が子宮頸癌検診のガイドラインを改訂」

■癌研究ハイライト
・喫煙率の低下は肺癌死亡率低下に予想以上に寄与する
・膵臓癌の治療耐性にひそむメカニズムが発見された
・癌のプロファイリングの拡大により急性骨髄性白血病についての手掛かりが得られる
・前立腺癌検診に関するヨーロッパでの試験データで、依然リスク低下がみられた
・mTORタンパクの癌化促進作用を解明する研究
・その他のジャーナル記事:急性リンパ芽球性白血病の小児および青年患者における生存期間の改善

■スポットライト
「白血病における癌細胞進化の遺伝子解析」

詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT for Cancer)」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。