トラスツズマブ皮下注製剤は現在販売されている静注製剤と非劣性であることが、HER2陽性早期乳癌を対象に術前補助療法として両剤を比較したオープンラベル無作為化フェーズ3試験HannaHで証明された。成果は3月21日から24日にオーストリアウィーンで開催された第8回European Breast Cancer Conference(EBCC)で、ドイツKlinikum OffenbachのC.Jackisch氏によって発表された。なお、この演題は今回のEBCCのBest Abstractに選ばれた。

 トラスツズマブの皮下注製剤は、組み換えヒトヒアルロニダーゼ(rHuPH20)を活用した製剤。静注製剤に比べ投与時間が5分未満と短く、患者や医療従事者の利便性向上、コンプライアンスの向上につながると期待されている。ただし中外製薬によると、残念なことにHannaH試験に日本は参加しておらず、皮下注射製剤の承認を日本で獲得するためには臨床試験を新たに行う必要があり、国内開発については検討中だという。

 非劣性試験であるHannaH試験のコ・プライマリーエンドポイントは、手術前のトラスツズマブの血清トラフ濃度(Ctrough)と病理学的完全奏効(pCR)率だった。

 試験はHER2陽性、手術可能、局所進行乳癌または炎症性乳癌を対象に行われた。患者は術前に化学療法としてドセタキセル75?/m2を4サイクル投与し、その後FECレジメン(3週おきに5-FU500mg/m2、エピルビシン75?/m2、シクロホスファミド500?/m2)を4サイクル受けた。そしてFECと同時に3週おきに投与するトラスツズマブを静注製剤(1回目は8?/m2、2回目から6?/m2)にする群(299人)と皮下注製剤(600?)にする群(297人)に分けられた。手術後、患者は1年間トラスツズマブの静注製剤か皮下注製剤を投与され、さらに2年間観察された。主要解析は全患者が手術を完了した時点と100人以上の患者が1年間の術後投与を終えた時点とした。

 皮下注群2754人、静注群278人が手術を完了し、116人が術後補助療法を完了していた。皮下注群、静注群の患者背景や腫瘍の特徴には差がなかった。観察期間中央値は皮下注群が12.4カ月、静注群が12.2カ月だった。

 トラスツズマブのCtroughの平均は皮下注群で69.0μg/mL、静注群は51.8μg/mLでやや皮下注の方が高かったが、7サイクル時点でのAUCの平均は皮下注群で2108μg/mL日、静注群は1978μg/mL日で同等だった。pCR率は皮下注群が45.4%、静注群が40.7%で、皮下注群の方が4.7%(95%信頼区間:-3.99-13.39)良い結果で非劣性の範囲内だった。奏効率は皮下注群87.2%、静注群が88.8%だった。

 体重と8サイクル時点のトラスツズマブのトラフレベルはpCR率には影響せず、両群ともエストロゲン受容体陰性の方が有意にpCR を得られる結果となった。

 全体的な副作用プロファイルは皮下注群と静注群で差はなかった。抗トラスツズマブ抗体の出現は皮下注群6.8%、静注群3.4%だったが、中和抗体は検出されなかった。