オンコセラピー・サイエンスは、2月6日、大塚製薬と共同で、癌ペプチドカクテルワクチン療法剤OCV-C01の、膵癌に対するフェーズ3試験COMPETE-PC Studyを開始すると発表した。

 このフェーズ3試験は、OCV-C01による標準療法不応膵癌に対するプラセボ対照ランダム化試験。OCV-C01は、正常組織にはほとんど発現せず、膵癌に高頻度に高発現する腫瘍抗原と腫瘍新生血管内皮細胞を標的とするもので、複数のペプチドワクチンを含む製剤。全国40施設で試験を実施するという。