米Johns Hopkins医科大学、米Michigan大学Health Systemなどの研究者たちが、遺伝性前立腺癌患者の生殖細胞系列のDNAを分析し、ホメオボックス転写因子遺伝子HOXB13上に希な変異を共有していることを明らかにした。詳細は、NEJM誌2012年1月12日号に報告された。

 研究者たちは、連鎖解析により前立腺癌の易罹患性遺伝子が存在する可能性があることが示されていたヒト染色体の17q21-22の領域に注目、この領域に存在する202遺伝子の配列を、94人の血縁がない患者の間で比較した。その後、同定された前立腺癌関連変異の有無を、それら患者の家族や、別の前立腺癌患者、前立腺癌ではない男性を対象に調べた。

 最初に分析したのは、前立腺癌患者が複数でている94家族。各家族を構成するメンバーのうち、最も若くして発症した男性の遺伝子を分析したところ、4家族の4人が、ホメオボックス転写因子遺伝子HOXB13に希な変異G84Eを共有していることが明らかになった。これら4家族に属する男性メンバーのうち、DNA標本が得られた前立腺癌患者18人全員に同じ変異が見つかった

 HOXB13遺伝子は、胎児期の前立腺の発生とその後の前立腺の機能に重要な役割を果たすことが知られている。

 続いて研究者たちは、Johns Hopkins医科大学またはMichigan大学で治療を受けた前立腺癌患者5083人を対象に、同じHOXB13遺伝子の変異の有無を調べたところ、1.4%に相当する72人がG84Eを保有していた。それらの男性では、1親等である父親または兄弟の1人が前立腺癌の診断を受けている割合が有意に高かった。また、早期に前立腺癌を発症した、または前立腺癌家族例を有する男性のG84E保有率は3.1%、55歳を超えてからの発症で家族歴の無い男性では0.6%で、差は有意だった。

 対照として、前立腺癌ではない1401人の男性についても変異の有無を調べたところ、G84Eは1人(0.1%)の男性からのみ見つかった。

 得られたデータは、HOXB13上のG84Eが遺伝性前立腺癌の少なくとも一部の発症を説明出来る可能性を示唆した。研究者たちは、より多くの男性を分析して、この変異と前立腺癌の関係を確認する必要があると考えている。また、さらに分析を進めればこれ以外の前立腺癌関連変異も見つかると予想している。並行して、この変異を持つマウスモデルを作製し、前立腺癌の発生にこの変異がどのように関与するのかを調べる計画だという。