血管崩壊剤であるOmbrabulinとシスプラチンの3週1回併用投与は日本人でも認容性があり、有効である可能性が明らかとなった。国内で行われたフェーズ1試験の結果示されたもの。決定された推奨用量は海外で得られた結果と同じで、サノフィ・アベンティスによると、海外で実施されている軟部肉腫を対象にしたOmbrabulinとシスプラチンの3週1回併用投与の臨床試験の結果を、日本で申請を目指す場合の機構相談に利用するという。成果は11月12日から16日まで米国サンフランシスコで開催されたAACR-NCI-EORTC International Conference MOLECULAR TARGETS and CANCER THERAPEUTICSで、愛知県がんセンターの宇良敬氏によって発表された。

 OmbrabulinはコンブレタスタチンA4の誘導体。フェーズ1試験は、進行固形癌患者を対象にシスプラチンの量を75mg/m2に固定してOmbrabulinの量を増やすことで行われた。両薬剤とも3週に1回投与され、Ombrabulinは30分かけて静脈内投与された。試験は2群で実施され、Ombrabulin15.5mg/m2・シスプラチン75mg/m2群(4人)、Ombrabulin25mg/m2・シスプラチン75mg/m2群(6人)だった。

 試験に参加した患者の年齢中央値は49.5歳(31-67)で、PS0が8人、PS1が2人、癌種は乳癌(3人)食道癌(2人)などだった。前治療ライン数中央値は1.5(0-4)。

 試験の結果、用量制限毒性も重篤な新毒性も認められなかった。最大耐量(MTD)には到達しなかったが、Ombrabulin25mg/m2・シスプラチン75mg/m2が海外での推奨用量であるため、更に増量した試験は実施されず、同用量が日本人における推奨用量とされた。重篤な副作用はなく、推奨用量で多く見られた副作用は、好中球減少症(6人中5人)、食欲減退(6人中5人)、しゃっくり(6人中5人)、便秘(6人中5人)、吐き気(6人中5人)、倦怠感(6人中5人)などだった。治療関連副作用は、Ombrabulin15.5mg/m2・シスプラチン75mg/m2群で1人と、Ombrabulin25mg/m2・シスプラチン75mg/m2群で3人、グレード3の好中球減少症が認められたが、他にグレード3以上の副作用はなかった。

 抗腫瘍効果は、Ombrabulin25mg/m2・シスプラチン75mg/m2群の1人(原発不明上皮性悪性腫瘍)で部分奏効(PR)が見られた。Ombrabulin15.5mg/m2・シスプラチン75mg/m2群で1人とOmbrabulin25mg/m2・シスプラチン75mg/m2群の4人で病勢安定(SD)が確認された。