NCI Cancer Bulletin2011年11月1日号をお届けします。

■特集記事
「臓器移植患者では、さまざまな癌の発症リスクが増加」

■癌研究ハイライト
・年1回の胸部X線検査で肺癌死は減少しない
・乳房温存術施行後の放射線療法で生存率が改善
・まれなタイプの甲状腺癌に対し、標的治療が利益をもたらす
・レトロゾールはタモキシフェンよりも乳癌再発予防効果が大きい
・一部のメラノーマ患者では小さい切除範囲でも十分に安全
・HPVワクチンにより肛門部HPV感染と前癌病変が減少

(その他のジャーナル記事)
・マウス試験から低用量ニコチンは肺腫瘍を増殖させない
・携帯電話は脳腫瘍リスクを上昇させない

■特別リポート
「アスピリンにより大腸癌高リスクの人の発症率が低下することが示される」

■クローズアップ
「癌悪液質の謎に挑む」

詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT for Cancer)」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。