米国GE社は、9月15日、乳癌の早期発見や個々の患者に適した治療の実現につながるアイデアに対して資金提供するキャンペーン「ヘルシーマジネーション・オープン・イノベーション・チャレンジ」を立ち上げたと発表した。

 このキャンペーンは、乳癌の新しい診断技術に関するアイデアを募り、いくつかの案件に関して資金提供をするもの。1億ドル規模で実施する。

 また、GEは同日、乳房内の血管を描出するマンモグラフィ用の新撮影技術(SenoBright)を公開した。この技術は、デジタルマンモグラフィと2つの異なるX線エネルギーと一般的な造影剤を組み合わせたもの。現時点で、欧州とアジアで導入されており、日本では2011年2月から販売を開始している。