初発多発性骨髄腫にボルテゾミブ、メルファラン、プレドニゾロンの併用療法(VMP療法)が、早ければ来月中にも行えるようになることが明らかとなった。

 薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会が8月25日に開催され、ボルテゾミブとプレドニゾロンの適応症を多発性骨髄腫とすることが報告されたため。早ければ9月中に承認される。ボルテゾミブの適応症は再発・難治多発性骨髄腫にしか認められていなかった。