NCI Cancer Bulletin2011年8月9日号をお届けします。

■特集記事
「放射線治療後の二次癌リスクと関連するゲノム領域を特定」

■癌研究ハイライト
・携帯電話の使用は、小児や若年者の癌リスクを高めない
・マンモグラフィ読影のコンピュータシステムは、癌検出の向上に繋がらない
・高い乳腺密度は、癌リスクおよび高悪性度腫瘍の増加に関連する
・遺伝子研究により非ホジキンリンパ腫治療に糸口
・頭頸部扁平上皮癌の複雑な遺伝特性が明らかに

■クローズアップ
「前立腺癌に対するロボット手術が増加」

■スポットライト
「乳癌検診個別化の新たな指針」


詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT for Cancer)」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。