NCI Cancer Bulletin2011年6月28日号をお届けします。

■特集記事
「調査に基づき、新たにタバコ警告画像をパッケージに表示」

■癌研究ハイライト
・有毛細胞性白血病に共通の遺伝子変異を発見
・新たな癌ワクチン、腫瘍モデルマウスで有望
・メラノーマに関わる遺伝子変異を精査
・バレット食道から癌に進行する可能性は意外に低い

■研究者に聴く
「携帯電話と癌リスク ― Dr. Martha Linet氏との対話」

■FDA最新情報
「禁煙補助薬による心臓リスクの可能性」
「糖尿病薬が膀胱癌リスクを増大させる可能性」

■NCIウェブサイト情報
「NCIウェブサイトに、国際臨床試験のポータルサイトを開設」

■その他の情報 〜JAMT副理事長らのNCI訪問〜
「NCIキャンサーブレティンの日本語翻訳者らがNCIを訪問」

詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT for Cancer)」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。