メディネットは、6月15日、瀬田クリニック福岡(福岡市)と共同で、原発性肺癌切除後の術後補助化学療法として、樹状細胞ワクチン療法と標準術後補助治療の併用療法に関する臨床試験を開始したと発表した。

 この臨床試験では、瀬田クリニック福岡総院長の安元公正氏を研究責任医師として、手術によって得られた腫瘍抗原をエレクトロポレーション法で取り込ませた樹状細胞ワクチンと標準的な術後補助化学療法の併用療法の安全性と有効性を評価する。

 これまでのメディネットの検討で、エレクトロポレーションを用いることによって樹状細胞の抗原取り込み効率が10倍程度向上し、CTL誘導能が最大20倍程度になることが確認されている。