興和は、1月18日、C型肝炎ウイルスに起因する肝細胞癌治療後の再発抑制の効果効能でペレチノインの国内製造販売承認申請を行ったと発表した。

 ペレチノインはビタミンA誘導体。1日2回、1回300mgの経口投与に、治癒切除を行った肝細胞癌の再発抑制効果があることが国内で実施されたフェーズ2/3試験で示されていた。