ヤンセンファーマは12月21日、プロテアソーム阻害型抗癌剤ボルテゾミブに、未治療の多発性骨髄腫の効能を追加する申請を行ったと発表した。

 ボルテゾミブは再発又は難治性の多発性骨髄腫を対象に既に認可されており、申請が承認されれば、適応症は多発性骨髄腫全体になる。