スイスNovartis社は11月11日、非小細胞肺癌に対してセカンドラインとしてASA404を投与するフェーズ3試験ATTRACT-2で、主要評価項目である有意な生存期間の延長効果を達成できなかったと発表した。同社はASA404の開発を中止する。

 ASA404は、腫瘍の生存や成長に必要な腫瘍血管を選択的に破壊する小分子血管破壊剤。