NCI Cancer Bulletin2010年10月19日号をお届けします。

■特集記事
「癌検診が末期癌と診断された後も実施されている」

■癌研究ハイライト
・アビラテロンは転移前立腺癌患者の生存率を高める
・類似する前期試験で異なった薬物が禁止されている状況は、結果に影響する
・外科的処置により癌患者の脊椎骨折の障害と疼痛が減少

■特別リポート
「ホルモン療法と乳癌死亡率のわずかな増加との関係」

■スポットライト
・アビラテロンは転移前立腺癌患者の生存率を高める
・類似する前期試験で異なった薬物が禁止されている状況は、結果に影響する
・外科的処置により癌患者の脊椎骨折の障害と疼痛が減少

■クローズアップ
「癌検診が末期癌と診断された後も実施されている」

■FDA最新情報
「FDAは 「レギュラトリーサイエンス・イニシアチブ」を通して先進技術を確保」
「カルボプラチン投与に関する内科医、試験責任医師への警告」


詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT for Cancer)」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。