無作為化試験Women’s Health Initiative(WHI)においてエストロゲンプロゲスチンを併用された閉経女性を追跡してきた米Los Angeles Biomedical Research InstituteのRowan T. Chlebowski氏らは、11年間のデータを分析し、介入群では浸潤性乳癌の累積罹患率が高く、診断時にリンパ節転移陽性であるリスクが高く、乳癌死亡率も有意に高いことを明らかにした。詳細はJAMA誌2010年10月20日号に報告された。

 この試験は、介入期間の平均が5.6年の時点で、浸潤性乳癌リスクの上昇と、乳癌診断が遅れる危険性が指摘され、早期中止に至っている。

 それ以降、長期的な累積罹患率の評価は行われておらず、これら2剤の併用が乳癌死亡に及ぼす影響も明らかではなかったため、著者らは、追跡期間が11.0年の時点(2009年8月14日)で分析を行うことにした。

 米国内40施設で1993年に開始されたWHIの2剤併用試験は、50-79歳で子宮摘出歴と乳癌歴の無い閉経女性1万6608人を登録し、無作為に抱合型ウマエストロゲン0.625mg/日+酢酸メドロキシプロゲステロン2.5mg/日(介入群)、または偽薬(対照群)に割り付け、2005年3月31日まで投与する設計になっていた。予定されていた期間を超えての追跡については、再び本人の同意を得て行った。

 11年目の分析の主要アウトカム評価指標は、浸潤性乳癌の罹患率と乳癌死亡に設定、当初割り付けられた1万6608人全員を対象にintention-to-treat分析を行った。

 介入群の浸潤性乳癌の累積罹患率は対照群に比べ有意に高かった。385例(1年あたり0.42%)と293例(1年あたり0.34%)でハザード比は1.25(95%信頼区間 1.07-1.46、p=0.004)。

 介入群の乳癌患者にはリンパ節転移陽性が有意に多かった。81例(23.7%)と43例(16.2%)でハザード比1.78(1.23-2.58、p=0.03)。

 乳癌死亡は介入群25例(0.03%/年)、対照群12例(0.01%/年)で、ハザード比は1.96(1.00-4.04、p=0.049)。死亡率はそれぞれ1万人あたり2.6と1.3になった。

 乳癌診断以降の全死因死亡も51例(0.05%/年)と31例(0.03%/年)でハザード比1.57(1.01-2.48、p=0.045)と有意差を示した。死亡率は1万人あたり5.3と3.4となった。

 米国では、WHI試験の早期中止を受けて2剤を併用するホルモン補充療法の適用が大きく減少、並行して乳癌罹患率も低下している。著者らは今後、乳癌死亡率も減少すると予想している。