協和発酵キリンは10月7日、CCR4陽性の末梢性T/NK細胞リンパ腫を対象としたKW-0761の国内後期フェーズ2試験を開始したと発表した。

 現在、成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)を除く末梢性T/NK細胞リンパ腫に対しては、CHOP療法などが標準治療とされているが、その治療成績は十分ではない。末梢性T/NK細胞リンパ腫ではCCR4を発現しているケースが見られることから、CCR4を抗原として認識して攻撃するKW-0761が効果を示す可能性がある。

 今回開始した試験の主要な目的は、KW-0761の有効性、安全性および薬物動態を、ATLを除く再発・再燃末梢性T/NK細胞リンパ腫(末梢性T細胞リンパ腫−非特定型(PTCL-NOS)、菌状息肉腫(MF)など)を対象として評価することだ。1週間隔で8回静脈内投与する。試験期間は2010年9月〜2013年3月を予定している。

 同試験に先立ち実施した、CCR4陽性の再発・再燃末梢性T/NK細胞リンパ腫16例(ATL、PTCL-NOS、MFが登録)を対象としたフェーズ1試験で、KW-0761の忍容性が確認され、奏効率は31.3%だった。現在、CCR4陽性の再発・再燃ATLを対象としたフェーズ2試験、およびCCR4陽性の初発未治療ATLを対象としたmLSG15療法とKW-0761を併用する後期フェーズ2試験を実施している。