英AstraZeneca社は9月27日、転移性の去勢抵抗性前立腺癌に対する新規経口剤zibotentanのフェーズ3試験「Study 14」で、主要評価項目である全生存期間に有意な改善が認められなかったと発表した。

 zibotentanは、エンドセリン経路におけるエンドセリンA受容体を遮断することで腫瘍の増殖や転移を遅らせると期待されている薬剤だ。

 Study 14は、ENTHUSE(Endothelin A USE)試験プログラムで実施されている1つの試験。無作為化プラセボ対照試験として、転移性去勢抵抗性前立腺癌患者594人を対象に、標準治療へのzibotentan 10mgの追加を評価した。その結果、安全性の結果はこれまでの試験と一致していた。Study 14の詳細な結果は、2011年に学術誌で報告される予定だ。同社は、この試験結果を受けて、現時点でzibotentanの承認申請は計画していないという。

 ENTHUSE試験プログラムでは、このほかStudy 15とStudy 33の2試験が実施されている。Study 15は、非転移性の去勢抵抗性前立腺癌患者を対象にzibotentanとプラセボを比較する試験。Study 33は、転移性の去勢抵抗性前立腺癌患者を対象にzibotentanと化学療法の併用療法と化学療法のみを比較する試験。ENTHUSE試験プログラムの3試験で、合計3000人以上の患者が登録されている。