BRCA1またはBRCA2遺伝子に変異を有する乳癌卵巣癌ハイリスク女性が、癌予防を目的として乳房切除または卵管と卵巣の摘出を受けると、それぞれの部位の癌を回避できるにとどまらない利益が得られることが明らかになった。米Pennsylvania大学医学部のSusan M. Domchek氏らによる前向きの多施設コホート研究の結果で、JAMA誌2010年9月1日号に報告された。

 BRCA1/2変異陽性と診断された女性が選択できる対策としては、より頻繁に検査を受けること、タモキシフェンなどを用いる化学予防などが挙げられるが、乳房や卵巣の予防的切除を望む女性も少なくない。

 著者らは、欧州と北米の22施設で、1974年から2008年にBRCA1/2変異陽性と判定された女性2482人を対象に、外科的予防策が乳癌と卵巣癌のリスク、それぞれの癌に起因する死亡、全死因死亡に及ぼす影響を評価した。追跡は2009年末まで行った。

 平均3年の追跡期間中、予防的乳房切除を受けたグループ(247人)に乳癌発症はなかった。一方、切除を受けなかったグループ(1372人)では、3年間に7%(98人)が乳癌と診断されていた。

 予防的な卵管卵巣摘出術を受けた女性(939人)の卵巣癌発症は、平均6年の追跡期間中、1%(10人、ただし原発性腹膜癌の診断)だった。一方、予防的手術なしグループ(1678人)では6年間に6%(98人)が卵巣癌と診断されていた。

 卵管卵巣摘出術を受けた女性のうち、乳癌歴がある集団の卵巣癌リスクも非摘出群に比べ有意に低かった(1%と6%、ハザード比0.14、95%信頼区間 0.04-0.59)。乳癌歴のない女性でも利益は有意だった(2%と6%、ハザード比0.28、0.12-0.69)。

 BRCA1変異陽性女性に限定して、その後に始めて乳癌と診断されるリスクを非摘出群と比較した場合にも、摘出群の方が低リスク(14%と20%、0.63、0.41-0.96)で、BRCA2変異陽性女性においても摘出群に有意な乳癌リスク減少が見られた(7%と23%、0.36、0.16-0.82)。

 さらに、予防的卵管卵巣摘出術は全死因死亡のリスクも低減していた。手術を受けたグループの全死因死亡率は3%、手術なし群では10%(ハザード比0.40、0.26-0.61)。加えて、乳癌死亡(2%と6%、0.44、0.26-0.76)、卵巣癌死亡(0.4%と3%、0.21、0.06-0.80)のリスクも摘出群で有意に低かった。

 予防的乳房切除は乳癌リスクを下げ、予防的な卵管卵巣摘出は卵巣癌リスクと乳癌の初回診断のリスク、全死因死亡、乳癌死亡、卵巣癌死亡のリスクを低下させることが明らかになった。