NCI Cancer Bulletin2010年7月27日号をお届けします。

■特集記事
「FDA諮問委員会は、転移性乳癌に対するベバシズマブの使用を推奨しない」

■癌研究ハイライト
・PSAスクリーニングは、低リスクの高年齢の男性においても侵襲的な治療につながる
・転移性陰茎癌の男性に有用な化学療法レジメン
・ホルモン補充療法は乳腺密度の高い女性の乳癌リスクを高める
・脳腫瘍の発症傾向からは携帯電話との関連性は裏づけられない
・発癌性が疑われる物質20種類についての認識の違いを専門家パネルが報告

■特別リポート
「発展途上にある癌幹細胞の科学」

■スポットライト
「脳腫瘍の再発時、新検査が手術の決断を助ける」




詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT for Cancer)」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。