NCI Cancer Bulletin2010年6月1日号をお届けします。

■特集記事
「日焼け用ベッドの研究で黒色腫のリスク増加について最も有力な根拠が示される」

■癌研究ハイライト
・高齢女性では乳癌手術後の放射線治療は行わなくてよい
・ソラフェニブは重要な細胞生存経路を遮断することにより悪性神経膠腫細胞を殺す
・高悪性度乳癌のプロファイルがゲノム研究により解明
・サメ軟骨抽出物は肺癌に無効

■論説
「環境による発癌リスクについてDr. Deborah Winn氏とDr. Shelia Zahm氏を交えた座談会」


詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT for Cancer)」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。