米Amgen社は5月28日、閉経後女性の骨粗鬆症ならびに前立腺癌患者のホルモン遮断療法による骨量減少により、骨折のリスクが上昇した場合の治療薬として、denosumab(商品名:Prolia)の製造販売を欧州委員会(EC)が承認したと発表した。Denosumabは欧州連合の27の全加盟国、ノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタインで承認され、同剤では世界初の承認となった。

 DenosumabはRANKL(NF-κB活性化受容体リガンド)に特異的に結合する完全ヒトモノクローナル抗体。破骨細胞の本質的なレギュレータであるRANKLに結合し、破骨細胞による骨破壊を抑制する。

 今回の承認は6件のフェーズ3試験のデータに基づく。いずれの試験でも、denosumabの投与により、測定した全部位の骨密度の上昇が認められた。うち2件の試験では、骨粗鬆症と前立腺癌の患者における骨折が評価項目とされ、denosumab 60mgを6カ月毎に単回皮下注射することで、骨折の発生率が低下したことが明らかになった。

 閉経後の骨粗鬆症の女性患者7808人を対象としたFREEDOM試験では、denosumabを投与した群とプラセボを投与した群を比較し、36カ月の時点で新たに脊椎骨折が発生する相対的リスクはdenosumab群で68%低下し、さらに股関節骨折では40%、非脊椎骨折では20%低下したことが分かった。

 一方、非転移性前立腺癌でアンドロゲン遮断療法(ADT)施行中の男性患者1468人を対象としたHALT試験では、36カ月の時点で新たに脊椎骨折が発生する相対的リスクはdenosumab群で62%低下した。

 Denosumabの投与で多くみられた有害反応は、尿路感染症、上気道感染症、坐骨神経痛、白内障などで、最も重篤な有害反応は蜂巣織炎を主とする皮膚感染症であった。

 重篤な皮膚感染症の発生率は、閉経後の骨粗鬆症の研究ではdenosumab群0.4%、プラセボ群0.1%であったが、乳癌と前立腺癌の研究では両群で同等(各0.6%)だった。また前立腺癌でADT施行中の患者では、白内障の発生率はdenosumab群(4.7%)がプラセボ群(1.2%)よりも高かったが、閉経後の骨粗鬆症患者や非転移性乳癌でアロマターゼ阻害剤による治療を施行中の女性患者では発生率にこうした不均衡はみられなかった。