根治切除不能または転移性の腎細胞癌に対する抗癌剤エベロリムスが4月16日に発売された。経口のTOR阻害剤で、もともとは用量の少ない製剤が免疫抑制剤として実用化されており、高用量のものを改めて癌に応用したもの。エベロリムスは、スニチニブ又はソラフェニブなどのチロシンキナーゼ阻害薬投与後に疾患が進行した転移性腎細胞癌患者で効果が確認されている。

 成人には、エベロリムスとして1日1回10mgを空腹時に経口投与する。薬価は、5咾1万2711.10円となったため、1日2万5422.20円、月を30日として76万2666円となる計算だ。


【訂正】
タイトルに「スニチニブ、ソラフェニブ無効腎癌に効果のエルロチニブ発売」とありましたが、正しくは、「スニチニブ、ソラフェニブ無効腎癌に効果のエベロリムス発売」でした。お詫びして訂正します。