NCI Cancer Bulletin2010年3月23日号をお届けします。

■特集記事
「I-SPY2乳癌試験:新薬の臨床応用を迅速化する」

■癌研究ハイライト
・高齢大腸癌患者の多くは補助化学療法を受けていない
・皮膚T細胞性リンパ腫の進行を遅延させる薬剤
・ホジキンリンパ腫の予測マーカーにより治療が改善されうる
・ナノ粒子を用いた療法でヒト腫瘍においてRNA干渉を誘導する

■クローズアップ
「患者の全体像を診る−シティ・オブ・ホープ肺癌研究」




詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT for Cancer)」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。