NCI Cancer Bulletin2010年3月9日号をお届けします。

■特集記事
「進行前立腺癌患者に有望な試験段階の治療薬」

■癌研究ハイライト
・一部の子宮内膜癌において内部放射線が局所再発率低下に有効
・リンパ節の広域切除が一部の子宮内膜癌女性の生存を改善する可能性
・小児や10代の青年は若年成人より非ホジキンリンパ腫で死亡する可能性が低い
・中高年女性では子宮頸癌に進行するHPV新規感染のリスクは低い
・インターネット上に医療情報が増加しているが、なお人々は医師を信頼している

■スポットライト
「心臓:癌標的治療の予期せぬ犠牲」

■米政府規制情報
「米政府公聴会にて医療放射線の過剰照射防止の討議」
「米議会下院委員会による前立腺癌公聴会の召集」



詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT for Cancer)」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。