NCI Cancer Bulletin2010年2月23日号をお届けします。

■特集記事
「一部の早期乳癌女性において短期の放射線治療は有効かつ安全である」

■癌研究ハイライト
・乳癌において低線量放射線療法はQOLへの害が少ない
・交代化学療法とソラフェニブ療法は進行腎臓癌に有効
・DNAの増加や消失を数千の腫瘍において解読する研究
・マイクロRNAが乳癌の転移を促進する仕組みを解明

■クローズアップ
「化学療法による末梢神経障害」

■FDA最新情報
「画像診断の不要な放射線被曝の低減に向けた対策」
「慢性リンパ球性白血病の治療にリツキシマブを承認」
「FDAが貧血治療薬のリスク管理プログラムを発表」




詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT for Cancer)」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。