協和発酵キリンと久光製薬は、協和発酵キリンが開発を進めている癌性疼痛治療剤(開発コード:KW-2246)について、日本国内における共同販売契約を2月1日付で締結したと発表した。

 今回の契約により、KW-2246について協和発酵キリンが製造販売承認を取得後、両社で共同販売を実施する。

 KW-2246は、協和発酵キリンがスウェーデンのオレクソ社から導入した治療薬で、癌性疼痛の持続的疼痛管理時に起こる急激な痛み(突出痛)に対処するもの。既にフェーズ3試験を終了し、申請の準備中だ。