大塚製薬は1月26日、扶桑薬品工業癌治療用ワクチンOTS102の日本における製造販売に関する契約を締結したと発表した。今回の契約によって大塚製薬は、扶桑薬品工業からOTS102の日本における製造・販売サブライセンスを受ける。OTS102については、オンコセラピー・サイエンスが日本における独占的な製造・販売権を扶桑薬品工業に供与している。サブライセンスに伴って、OTS102の上市後は大塚製薬と扶桑薬品工業が各々のブランド名で販売し、製造は大塚製薬が行う。OTS102の開発は、オンコセラピー・サイエンスが引き続き行い、大塚製薬と扶桑薬品工業は、開発費用を負担する。

 OTS102は、癌細胞の生存と成長に必要な新生血管の内皮細胞に高発現し、正常組織にはほとんど発現していない血管内皮増殖因子受容体2(VEGFR2)たんぱく質の一部から構成される製剤。投与によって新生血管内皮細胞に対する強い免疫反応を誘導し、抗腫瘍効果を発揮する。現在膵癌を対象にフェーズ2/3試験、胆道癌を対象にフェーズ2試験が行われている。

 大塚製薬は、2008年1月にオンコセラピー・サイエンスよりOTS11101を含む膵癌を対象とした治療用ペプチドワクチンの独占的な開発・製造・販売権を取得している。この際にOTS102の膵癌に関する海外の製造・販売権を取得していた。