NCI Cancer Bulletin2009年12月1日号をお届けします。

特集号:癌研究における人材育成

■ディレクター最新報告
「癌に対する勝利は意欲的かつよく訓練された人材の育成が鍵」

■NCIは、世界中から未来の研究リーダーを養成

■癌研究ハイライト
・子宮頸癌検診はより遅く開始し、より少ない頻度でよいと米国産婦人科学会が報告
・長期追跡調査による肺癌の術後補助療法に対する新たな見解
・「水タバコ(Hookah)喫煙は紙巻タバコ喫煙より害が少ない」には根拠がない
・2007年から2008年の喫煙率に著しい変化はない
・訪問看護は癌の症状管理を改善する

詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「がん翻訳ネットワーク」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。