英GlaxoSmithKline社とデンマークGenmab社は10月26日、抗CD20ヒトモノクローナル抗体製剤オファツズマブ(商品名:Arzerra)がフルダラビン、アレムツズマブ難治性の慢性リンパ性白血病(CLL)の治療薬として、米食品医薬品局(FDA)から迅速承認されたと発表した。

 承認は、大規模臨床試験の結果に基づいて行われた。この試験で、フルダラビンとアレムツズマブの治療に難治性のCLL患者の42%がオファツズマブに反応したという。反応期間中央値は6.5カ月だった。

 10%以上の頻度で見出された副作用は好中球減少症、肺炎、発熱、咳、下痢、貧血、倦怠感、呼吸困難などだった。

 オファツズマブは、日本ではCLLを対象にしたフェーズ1/2試験が実施されている。