分子標的薬の登場で、大腸癌化学療法は大きく変わった。効果予測因子としてバイオマーカーを用いる分子標的薬治療のエビデンスも蓄積されつつある。

 8月28〜29日に台湾・台北市で開催された “World Congress on Gastrointestinal Cancer : Asian Perspectives”では、韓国、台湾、中国をはじめ、欧州やオーストラリアからも消化器腫瘍の治療に携わる医師が集まり、各国の臨床研究の成果をもとに活発な議論が行われた。夏休みの時期にもかかわらず、日本人医師の参加も比較的多かった。

 ここでは、学会に参加した5人の専門医に、学会の印象や注目した研究発表、東アジア諸国と日本の治療方針の違いなどを中心に話してもらった。Part1は、近畿大学腫瘍内科の佐藤太郎氏、神戸大学消化器内科の奥野達哉氏、北里大学東病院消化器内科の佐々木徹氏。


近畿大学腫瘍内科 佐藤太郎氏





神戸大学消化器内科 奥野達哉氏





北里大学東病院消化器内科 佐々木徹氏