日本イーライリリーは9月24日、葉酸代謝拮抗剤の「アリムタ注射用100mg」(一般名:ペメトレキセド)の販売を開始した。効能・効果は、発売済みの500mg製剤と同じ。アリムタの用法・用量は、1回500mg/m2なので、体表面積に応じて使用する剤型を組み合わせる自由度が高まる。

 アリムタは、2007年1月にシスプラチンとの併用で「悪性胸膜中皮腫」、2009年5月には、単剤で「切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌」の効能・効果で承認を受けている。