NCI Cancer Bulletin2009年9月8日号をお届けします。

■特集記事
「臨床試験結果が疑問を投げかける前立腺癌検診の価値」

■癌研究ハイライト
・遺伝的研究が黒色腫に対する新たな治療法の可能性を示す
・膵臓癌では酵素療法よりも化学療法で生存期間が延長
・デノスマブは前立腺癌治療中も骨強度を維持
・ウエイトリフティングによって乳癌後のリンパ浮腫症状が軽減する
・西アフリカの女性では乳癌の大多数が予後不良

■特別リポート
「癌治療において、ヘッジホッグと呼ばれる標的を攻撃する」

■スポットライト
「緩和ケアにおける苦悩と前進」

■クローズアップ
「がんに対する陽子線治療:新技術の概要」

■FDA最新情報
「FDA、治験薬入手の新規則を制定」


詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「がん翻訳ネットワーク」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。