自覚症状がないまま進行する卵巣癌にも、発症を予測するための七つの初期症状があるという。英Bristol大学のWilliam Hamilton氏らの研究結果が、8月25日付けのBritish Medical Journal誌電子版に掲載された。

 40歳以上の原発性卵巣癌の女性212人について、癌と診断されるまでの1年間の、かかりつけ医(GP:General Practice)による診療記録を、卵巣癌ではない1060人の女性のそれと比較した。

 その結果、継続的な腹部膨満、頻尿、腹痛、閉経後の出血、食欲不振、直腸の出血、間欠性の腹部膨満の七つの症状が、卵巣癌に関連することが分かった。卵巣癌患者の 85%が、一つ以上の症状でGPを受診していたが、対照群では同15%だった。

 各症状がある場合における卵巣癌の確率(PPV:Positive Predictive Value)は、継続的な腹部膨満が2.5%と高値で、食欲不振0.6%、閉経後の出血0.5%、頻尿0.3%、間欠性の腹部膨満0.3%、腹痛0.2%、直腸の出血0.2%だった。

 二つの症状がある場合、PPVはさらに高くなった。特に継続的な腹部膨満に食欲不振を伴う場合に高く、20人の卵巣癌患者でこの組合せがみられたが、対照群では全くみられなかった。

 診断前の6カ月間に報告された症状を除いても、継続的な腹部膨満、頻尿、腹痛は、それぞれ独立して卵巣癌の発症に関連した。

 これらの症状に気を付けておけば、早期のうちに卵巣癌を発見するチャンスが増えるだろうと、Hamilton氏は述べている。