ヤクルト本社は8月20日、白金錯体系抗癌剤オキサリプラチン(商品名:エルプラット)の適応が、結腸癌術後補助化学療法としての利用にも拡大されたと発表した。この結果、日本でも手術後の結腸癌患者にFOLFOX療法を行うことが可能となった。

 今回の適応拡大は海外で実施されたMOSAIC試験などの結果を基に認められたもの。MOSAIC試験では、手術後の結腸癌(ステージ2とステージ3)の患者を対象とし、従来の術後補助化学療法(ホリナートと5-FUの併用療法)を受けた患者よりも、これにオキサリプラチンを加えたFOLFOX療法を受けた患者の方が、3年無病生存期間が統計学的に有意に長いことが示された。