NCI Cancer Bulletin2009年7月14日号をお届けします。

■特集記事
「癌専門医に患者との治療費の話し合いを勧告」

■癌研究ハイライト
・ホルモン補充療法による卵巣癌リスクが確認される
・第二の子宮頸癌ワクチンは別型のヒトパピローマウィルス(HPV)を予防
・脳腫瘍リスクへの手がかりを提供するゲノムスキャン
・タンパク質発見法を改善する研究
・特定の癌における死亡率はアフリカ系アメリカ人で依然として高い
・メイヨークリニックによる癌臨床試験プロトコル開発過程の合理化

■クローズアップ
「カロリー制限−癌を予防する−」

■FDA最新情報
「FDAが非小細胞肺癌に対する初の維持療法薬を承認」

詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「がん翻訳ネットワーク」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。