ホルモン受容体が陰性か陽性かは、対側乳癌の発生率に大きく影響する――。米国立癌研究所の癌登録データベースを分析したスタンフォード大学医学部のAllison W. Kurian氏らが7月9日、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)誌電子版に結果を発表した。

 乳癌罹患者の4%に発生するとされる対側乳癌は、エストロゲン受容体(ER)やプロゲステロン受容体(PgR)の陽/陰性に関連するのではないかと指摘されていたが、はっきりしていなかった。

 対象は、1992年1月1日から2004年12月末までに乳癌になり、米国立癌研究所のデータベースに登録された4927人。初発の乳癌におけるホルモン受容体の陽/陰性や、年齢、人種などによって、対側乳癌のリスクに差があるかどうかを調べた。

 その結果、1回目の乳癌がホルモン受容体陰性の女性が、対側乳癌になる標準化発生比(standardized incidence ratios:SIRs)は3.57、年間で1万人に18人と、ホルモン受容体陽性の人(同2.22、同13人)よりも有意に高かった。

 また、ホルモン受容体陰性の人は、対側乳癌でも予後の悪いホルモン受容体陰性になる可能性が高い(対側乳癌もホルモン受容体陽性になるSIRs=1.94、年間で1万人に20人、対側乳癌がホルモン受容体陰性になるSIRs=9.81、年間で1万人に24人)。

 さらには、30歳未満の若年性乳癌でホルモン受容体陰性の人は、対側乳癌も陰性になるリスクが非常に高い(SIRs=169、年間で1万人に77人)。また、人種でみると、非ヒスパニック系黒人、ヒスパニック、アジア人、太平洋諸島の人たちは、非ヒスパニック系白人に比べて、対側乳癌の発生率が高かった。

 今回の分析で、対側乳癌の発生率は、最初の乳癌がホルモン受容体陰性か陽性かのほか、年齢、人種によっても変わることがはっきりした。1回目の乳癌のホルモン受容体陰性の人は、全人口と比較して、対側乳癌もホルモン受容体陰性になる可能性が10倍高い。Allison W. Kurian氏らは、「これらの結果から、最初の乳癌がホルモン受容体陰性の女性と30歳未満の若年性乳癌の人に対しては、徹底的に対側乳癌の検査を行うべき」と強調している。