NCI Cancer Bulletin2009年5月19日号をお届けします。

■特集記事
「試験的治療により神経芽細胞腫患者の生存期間が延長」

■癌研究ハイライト
・ショウガが化学療法による嘔気の軽減に役立つ
・陰茎癌の病期診断に適したセンチネルリンパ節生検
・乳癌の脳転移に3つの遺伝子が関与
・DEAR1遺伝子が早期発症乳癌に関わっているかもしれない
・ホルムアルデヒドは一部の血液癌の原因となりうるが、リスクは時間の経過とともに低下

■特別リポート
「数十年を経て、前立腺癌の術後補助放射線療法のベネフィットが明らかに」

■スポットライト
「注目される比較有効性試験とその賛否」

■FDA最新情報
「ベバシズマブが再発神経膠芽腫の治療に承認」


詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「がん翻訳ネットワーク」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。