NCI Cancer Bulletin2009年5月5日号をお届けします。

バイオインフォマティクス特別号
■Dr. Kenneth Buetow氏に聞く

■癌ゲノム−膨大なデータの山から必要な情報を探す

■caBIGツールと21世紀の生物医学パラダイム

■癌研究ハイライト
・びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に関与する変異タンパク質
・乳房腫瘍検査によって化学療法に対する反応を予測
・小児白血病におけるさらなる遺伝子変異が見つかる
・デュタステリドが前立腺癌リスクを軽減か
・今後、数十年間で癌発生率が急増する見通し
・免疫療法により転移性前立腺癌の生存率が改善



詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「がん翻訳ネットワーク」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。