NCI Cancer Bulletin2009年4月21日号をお届けします。

■特集記事
「早期発見を目的とした卵巣癌マーカーの検証的研究」 AACR報告

■癌研究ハイライト AACR報告
・膵臓癌幹細胞を標的とする併用療法 
・脳腫瘍治療薬の発見となるか
・血中の腫瘍細胞を捕らえるフィルター
・慢性リンパ性白血病の血中マーカーが見つかる

■「遺伝性網膜芽細胞腫の生存者が後年直面する2次癌のリスク」

■スポットライト
「血管新生阻害による想定外の影響が研究結果で示される」

■FDA最新情報
「GSK社、HPVワクチン承認を求める」

■NIH最新情報
「米国立衛生研究所(NIH)が幹細胞の新ガイドラインを提案」


詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

NCI Cancer Bulletinは、米国立癌研究所(National Cancer Institute)が隔週で発行しているオンラインニューズレターです。癌にかかわる研究成果をまとめています。詳細はNCIのサイトへ。


「NCIキャンサーブレティン日本語版」は、NCIから翻訳許諾を得て「がん翻訳ネットワーク」が翻訳・監修し、NPO法人キャンサーネットジャパンが配信します。翻訳文の著作権はがん翻訳ネットワークに帰属します。