大腸癌はかつて抗癌剤治療が奏効しない癌と考えられていた。しかし様々な薬剤の開発に伴い、また最近では分子標的薬も加わって、大腸癌化学療法の進展は目覚しいものとなっている。日本と米国、欧州における大腸癌化学療法の現状と今後の展望について、特にパーソナライズド・セラピーに重点を置いて、日本と海外の最先端に携わる大阪大学医学系研究科外科学講座教授の森正樹氏(司会)、国立がんセンター中央病院消化器診療グループ長の島田安博氏、米エール大学医薬薬理学教授のEdward Chu氏に意見を聞いた。


詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)