昔に比べれば医師と患者の意思の疎通など癌医療の現場はかなり良くはなったものの、まだまだ改善すべき問題点も多い。癌患者として様々な活動を続ける樋口強氏と肺癌専門医を代表する一人である里内美弥子氏に、わが国の癌医療を取り巻く現状と問題点について忌憚なく語り合ってもらった。

詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)