ノバルティス ファーマは4月23日、根治切除不能または転移性の腎細胞癌の治療薬として1月28日に製造販売承認の申請を行ったエベロリムス(RAD001)が、4月2日付けで優先審査品目に指定されたと発表した。

 エベロリムスは、癌の増殖、成長および血管新生の調節因子であるmTORを持続的に阻害し、腫瘍細胞の増殖抑制と血管新生阻害により抗腫瘍効果を発揮する。

 エベロリムスは「Afinitor」の製品名で、3月30日に米国食品医薬品局(FDA)から前治療が無効となった進行性腎細胞癌の治療薬として承認を取得したほか、現在、EUを
はじめとする各国で承認を申請している。